積水化学住宅C、全国10ヵ所でまちづくり=全棟ZEH+蓄電池仕様で

積水化学工業住宅カンパニー(神吉利幸プレジデント)は6月24日、2022年度までに全国10分譲地・約300区画でZEH仕様の戸建住宅を販売する計画を発表した。

全棟に蓄電池を搭載するほか、豪雨災害対策として雨水を地下に一時貯留・浸透させる部材を全棟で採用し、内水氾濫を抑制する。

同社は「戸建スマート&レジリエンスまちづくり」をコンセプトに、同社の大規模複合タウン「あさかリードタウン」で培った際立ち技術を、全国の戸建分譲住宅地への展開をスタートさせる。

同事業は、セキスイハイム誕生50周年記念プロジェクトのひとつ。

同社が住宅事業で培ってきた技術や知見を生かし、カーボンニュートラルの実現や頻発化・激甚化する自然災害への対応、空き家の増大などの社会課題解決に貢献するのが狙い。

今回発表した「全国一斉まちづくりプロジェクト」は、同社のまちづくり関連技術を戸建て中心の分譲住宅地に展開するもの。セキスイハイムと積水化学グループの『際立ち技術』を、全ての分譲住宅地で共通仕様とすることで、ハイスペックな戸建分譲住宅地の展開を目指す。

2021年07月01日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)