大建工業、化粧材に国産木材を使用した内装建材「日本の樹シリーズ」を発売 | 住宅産業新聞

大建工業、化粧材に国産木材を使用した内装建材「日本の樹シリーズ」を発売

大建工業は、杉や栗、栃の日本人に馴染み深い3つの樹種を生かした内装建材「日本の樹シリーズ」を発売した。独自技術により、国産木材を表面化粧材として活用することに成功。ドア、収納、床材、階段、格子間仕切りまでシリーズ化しており、好みのデザインでトータルコーディネートすることができる。

同シリーズは、杉や栗、栃の天然木単板を室内ドアや収納、階段の表面化粧材に採用した。床材には、銀杏、鬼胡桃、沢胡桃を加えた全6種類をラインアップ。意匠と機能を高める同社独自のWPC加工を施し、基材は、硬さと寸法安定性のあるWハードベース付き合板を採用した。

2012年5月31日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)