塩ビ工業・環境協会、「誤解」解け普及に本腰

塩化ビニル工業に関する環境・安全性などの正しい理解を広げる活動を展開する塩ビ工業・環境協会(東京都中央区、会長=宇田川憲一・東ソー社長)は、2014年3月にグリーン購入ネットワーク(GPN)のGPNガイドラインの情報提供項目から「塩ビ」が削除されたと発表した。

同ガイドラインの策定がスタートした1996年から、情報提供項目から削除されるまで、塩ビはダイオキシン発生の原因とされて忌避されていた。高橋満同協会環境・広報部部長と木村智同部長は、ダイオキシンの生成量と塩ビの量には相関関係はなく、ダイオキシンの発生は焼却方法や焼却後の煤塵の管理体制にあると発信し続けていた。

高橋部長は「やっと誤解が解けた」と、胸をなで下ろす。同協会はこれをバネに、住宅部品業界との関連が深い「塩ビ」の高い環境性能の訴求を強める。

2014年5月22日付け7面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)