やまびこ、「エコー50Vバッテリー T字型バリカン BTT510」発売=「T字型バリカン」で石飛び少なく、管理事業者など販売ターゲット

やまびこ(東京都青梅市、久保浩社長)はラインアップしている小型屋外作業機械の品揃え拡充として2月14日、チップソーおよびナイロンコードカッターの刈刃を使う草刈り機と比べて草刈り作業時の石の飛散が少ないことを最大の特徴とする草刈り機の新製品「エコー50Vバッテリー T字型バリカン BTT510」を発売した。

飛び石の飛散の少なさは刈刃として業界で初めて実用化した「T字型バリカン」の採用による。販売ターゲットは集合住宅の緑地や駐車場などを管理する事業者などで、販売に際しては飛び石の少なさがもたらすトラブルリスク低減のメリットなどを訴求していくとみられる。

「エコー50Vバッテリー T字型バリカン BTT510」は、バリカン型の刃が一定の間隔で横方向に往復運動する独自開発の刈刃機構を採用した。一般的な草刈機は円形のチップソーもしくは紐状のナイロンコードカッターが高速回転することで草を刈る刈刃機構を採用しており、これらの刈刃機構を採用した草刈り機での作業では、刈ろうとする草の生えた地面に小石などがあると、草を刈る際に小石を勢いよく跳ね飛ばしてしまう。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年04月19日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)