INAXライブミュージアム、4月25日から企画展「大地の赤―ベンガラ異空間」

INAXライブミュージアム(愛知県常滑市)は、4月25日から9月6日まで、土の魅力を体感できる土・どろんこ館企画展示室で、企画展「大地の赤―ベンガラ異空間」を開催する。

ベンガラとは、酸化第二鉄を主成分とする赤色顔料の慣用名で、「弁柄」や「紅殻」などと表記されることもある。最古の顔料のひとつとされる赤の着色原料・ベンガラは、色落ちしにくく、防腐・防虫効果もあることから、江戸から昭和初期にかけて、木造建築の建具や軒先、壁などに塗られてきた。また、江戸時代には岡山県吹屋地区で、ローハベンガラと呼ばれる上質なベンガラが生産され、九谷焼や有田焼などの上絵付けや漆器の彩色にも使われた。

同展では、身近な着色料でありながら素性があまり知られていない「ベンガラ」に焦点をあて、歴史や製造方法をひもとき、赤に彩られた品々を展示する。同展は、共通入館料(一般600円、高・大学生400円、小・中学生200円)で閲覧可能。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)