INAX、8月4日から銀座で常滑文化の展示会 | 住宅産業新聞

INAX、8月4日から銀座で常滑文化の展示会

INAXは8月4日から6日まで、INAX:GINZA(東京都中央区京橋3―6―18)で「水がかなでる常滑文化~お酒とお茶をめぐる展示会」を開催する。入場は無料。

常滑市は、愛知県知多半島の西海岸中央に位置。日本六古窯のひとつ『常滑焼』の産地として知られており、同社創業の地でもある。

企画展は、常滑焼専門店「SPACEとこなべ」と、知多の醸造業「澤田酒造」の協力のもと、水をテーマに常滑の文化を紹介する。

「常滑と急須文化」「常滑と酒文化」の紹介や、常滑焼の急須を使って煎茶を楽しむデモンストレーション、知多半島の佐布里(そうり)梅を使った梅酒の試飲などを行い、常滑の文化とその背景を、見て味わって体感することができる。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)