博物館などをめぐる愛知の産業体感ツアーにINAXが参加 | 住宅産業新聞

博物館などをめぐる愛知の産業体感ツアーにINAXが参加

『見えないものが見えてくる 愛知の産業体験ツアー』と題して、8月29日まで開催している知多半島とその近郊の産業博物館・美術館をめぐる第10回「六感シゲキツアー2010」に、INAXライブミュージアムが参加する。

同イベントは2001年から、知多半島およびその近郊で企業が運営している産業博物館・美術館の主要6館が連携して開催。10周年を迎える今回は、ゲストに杉本美術館を加え、7館を巡るスタンプラリーを実施している。各館をまわりながら、運営6企業の歴史や産業史に触れ、学ぶことによって、知多半島近郊の生活と地場産業との関わりへの理解を深め、関心を持ってもらう。

参加博物館は以下の通り。
▽ガスエネルギー館(東海市新宝町507―2)=楽しみながら学べる体験型展示館
▽有松・鳴海絞会館(名古屋市緑区有松町3008)=江戸の情緒ただよう町並みも必見
▽INAXライブミュージアム(常滑市奥栄町1―130)=ものづくりの心を伝える5つの発見館
▽盛田味の館(常滑市小鈴谷字脇浜10)=見て、食べて、醸造のすべてをビデオで紹介
▽博物館「酢の里」(半田市中村町2―6)=日本で唯一のお酢の総合博物館
▽かわら美術館(高浜市青木町9―6―18)=瓦とやきものの芸術性と魅力に迫る
▽杉本美術館(知多郡美浜町美浜緑苑1―12―1)=絵の楽しさ、見る楽しさ~杉本健吉の世界~

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)