設備関連3団体が8月9日、シックハウス対策の講演会

(社)日本建材・住宅設備産業協会と(社)リビングアメニティ協会、キッチン・バス工業会の住宅設備・部材関連3団体は8月9日午後1時から、メルパルクTOKYO(港区芝公園2―5―20)で「住宅設備機器・化粧板等におけるシックハウス対策への取り組み――4VOC基準適合表示への取り組みについて」と題する講演会を共同で開催する。定員は150人。

住宅部品VOC表示ガイドラインや化粧板等のVOC放散に関する自主表示の解説のほかに、シックハウス関連で活躍している東北文化学園大学教授の野﨑淳夫氏や、匠総合法律事務所弁護士の秋野卓生氏による講演を予定した。

詳しい申込方法は、各団体のホームページへ。申込み締め切りは23日とした。

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)