住友林業の新中計、注文戸建事業売上高は微減に

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 住友林業は12日、2018年度までの3年間を計画期間とした「中期経営計画2018」を公表した。住宅事業については売上高4850億円(15年度比6・7%増)、不動産仲介や不動産賃貸管理、緑化事業など住宅関連事業とのシナジー効果を高めて収益構造の強化を図る。このうち戸建注文住宅事業においては、「消費税再増税への対応は当面の大きなテーマ」(市川晃社長)とし、高付加価値の商品とサービスを提供し、首都圏を中心とした人材投入など営業体制見直しや生産性向上などのコストダウンにより安定的で収益力の高い事業基盤を構築。ただ、18年度の売上高2890億円(同3・6%減)とほぼ横ばいの厳しい見通しだ。また、戸建注文に次ぐ規模のリフォーム事業は引き続き成長分野として、旧家再生などの技術力をベースにした差別化と人材投入により効率化・事業拡大を推進し、売上高840億円(同29・4%増)を目指す。賃貸住宅事業は将来の可変性を考慮した商品や営業体制の強化により、売上高280億円(同36・6%増)とする。

2016年05月19日02面_住宅産業

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)