旭化成ホームズ・くらしノベーションフォーラム、フレイル予防の健康寿命延伸サービスを開発=シニア向け賃貸居住者向けに

旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)は11日、第18回くらしノベーションフォーラムをオンラインで開催し、要介護予備軍とされるフレイル(虚弱)に至る前段階の自立した高齢者「プレフレイル」を想定した健康寿命延伸サービスの開発・提供を検討中と発表した。

同社シニアライフ研究所の調査結果を参考に、フレイル化の兆候がつかめる「運動」「食事」「交流」などを軸にサービス内容を組み立てる。

まずは、高齢者向けの賃貸住宅「ヘーベルビレッジ」の入居者向けサービスを想定しており、「今年度中にサービス内容をまとめ、公表したい」(同社)とした。

顧客の「いのち・くらし・人生」全般を支える同社のロングライフ戦略の具現化が進む。

新サービスは、健康寿命延伸という視点で、暮らしや生活に関するソフト提案を行うという。例えば、軽い運動や体操の提案、フレイル予防になるという食品摂取の提案、家族や友人との交流機会の創出――など。

高齢者向け賃貸住宅「ヘーベルビレッジ」の居住者向けサービスの生活・健康相談員による面談と絡めて、新サービスを提案する。「シニアは応援されると嬉しい」という生活実態調査結果も参考にした。具体的なサービス内容は、「今年の春までにまとめる」とした。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年01月18日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)