戸建て大手、ZEH強化へPV10kw超商品を拡充

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 戸建住宅大手各社が、戸建住宅の『ZEH(ネット・ゼロエネルギー住宅)』強化に乗り出した。

 パナホームは10キロワット超の大容量太陽光発電(PV)システムを搭載した『エコ・コルディス2.』を1日から発売。ミサワホームも企画住宅でZEH基準対応『スマート・スタイルS』を10日に投入する。積水化学工業住宅カンパニーは、エネルギー自給自足提案強化の一環で『スマートパワーステーション』を核にラインアップ拡充を図った。

 消費税率アップ後の反動減対策としてのZEHへの住宅産業界の高い期待によるものだが、ここへきて全量買取契約の停止という一部電力会社による突然の〝冷や水〟があり、先行きへの懸念が広がっている。

 パナホームの『エコ・コルディス2.』は、初代『エコ・コルディス』の環境特性をベースに、「ウェルネス」と「スマート」を進化させる。国土交通省が推進する、健康長寿社会の実現に向けた住宅政策である「スマートウェルネス住宅・シティ」環境整備に沿ったものとしている。

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)