記事の分類: 住宅・工務店
パナソニックホームズ、工業化住宅国内初の9階建て2棟を竣工
 パナソニックホームズ(大阪府豊中市、松下龍二社長)は9日、9階建ての工業化住宅「ビューノ9」が福岡市内と宇都宮市内でそれぞれ竣工したと発表した。工業化住宅として9階建ての実例の完成は国内初という。...続きを読む
中央グリーン開発が越谷市の分譲地で植栽・防災ワークショップを開催
 ポラスグループの中央グリーン開発(埼玉県越谷市、中内景太良社長)は12日、越谷市南荻島で開発中の戸建分譲地「パレットコート北越谷フロードヴィレッジ」において、同グループのポラス暮し科学研究所とともに「植栽&防災ワークショップ」を開催した。...続きを読む
アキュラホーム40周年事業、実物大耐震実験を実施
 アキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉社長)は8日、創業40周年事業の一環として3月に行った3次元振動台における実物大耐震実験の結果を発表した。同実験は、東京大学大学院木質材料学研究室の稲山正弘教授、京都大学生存圏研究所の五十田博教授による監修のもと、大林組技術研究所(東京都清...続きを読む
タツミプランニング、初の木造中大規模建築
 神奈川県横浜市を中心に年間500棟のデザイン住宅を手掛けているタツミプランニング(神奈川県横浜市、米山茂社長)は11日、3月20日に初の木造中大規模建築物となる認知症対応型共同生活介護施設および小規模多機能型居宅介護施設を横浜市港南区に完工したことを発表した。...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

大手住宅企業の2017年度ZEH実績率、積水ハウス2年連続で首位=10%台が3社、2極化傾向鮮明に
 大手住宅企業の2017年度ZEH実績率が出揃った。住宅産業新聞が主要12社の状況をまとめたところ、実績率トップは積水ハウスの76%で2年連続の1位。次いで一条工務店の70%、セキスイハイムの50%と続いた。上位3社は経済産業省が掲げる目標「2020年までに注文戸建住宅の過半数を...続きを読む
ミサワ、まちづくり事業強化へ大末建設と資本提携
2018年05月17日02面_住宅産業
 ミサワホーム(東京都新宿区、磯貝匡志社長)は9日、全国でマンション建設を得意とするゼネコンの大末建設(大阪市中央区、日高光彰社長)と資本業務提携を結ぶと発表した。同日、国土交通省で行った両社長による記者会見で、磯貝社長は今回の提携を「まさに相思相愛」と満面の笑顔で紹介。ミサワは...続きを読む
ミサワホーム、都市部向け大開口モデル「MJフレームLC」
 ミサワホーム(東京都新宿区、磯貝匡志社長)は、木造軸組構法のMJウッドブランドで大開口を実現したMJフレームシリーズに、中庭を配置した都市向けモデル「同LC」を4月24日に発売した。隣地や道路との距離が近い都市部で、外部の視線を遮りながら、光や風を取り込む工夫として、中庭を活用...続きを読む
ファイブイズホーム春日部店、初年度30棟目指す
 ファイブイズホーム(埼玉県行田市、細井保雄社長)は4月27日、同社20店舗目となる春日部店をオープンした。同店は春日部市を中心に隣接する杉戸町などの周辺市町が営業エリア。既に57棟分の販売用地を確保しており、初年度(5月~1月)は引き渡しベースで30棟が目標であり、2021年度...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

旭化成ホームズ、郊外向け戸建て「ヘーベルハウスのきのまエント」
 旭化成ホームズ(東京都新宿区、川畑文俊社長)は4月26日、都市周辺の郊外向け戸建住宅商品「ヘーベルハウスのきのまエント」を1日に発売すると発表した。玄関前を広く取り、アウトドアリビングを提案する。庭が作りにくい敷地でも、プライバシーを保ちながら、子どもの遊び場やDIYの作業場、...続きを読む
トヨタホーム、2×4分譲に新規参入=「鉄骨高い」とのエンドユーザーの声に対応
 トヨタホーム(愛知県名古屋市、山科忠社長)は2×4工法の木質住宅ブランド「モクア」を立ち上げ、木造分譲事業に新規参入する。まずは、神奈川県開成町で11区画の分譲地を開発し、7月から販売を始める。戸建市場の縮小に備え、坪単価50万円程度の未進出市場に打って出る。全棟で長期優良住宅...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)