記事の分類: 金融・行政

住生活月間功労者に国交大臣表彰

国土交通省は24日、「第21回住生活月間功労者表彰」の受賞者を発表した。国交大臣表彰では個人、団体含め22件が選ばれた。また、住宅局長表彰では、ポラテック情報開発部部長代理の新居健二氏など個人や団体9件が選出された。表彰式は、10月1日に住宅金融支援機構すまい・るホールで行う。...続きを読む

6番目の国交省指定保険法人に「たてもの株式会社」、10月1日から業務開始

国土交通省は、17日付けで新たな住宅瑕疵担保責任保険法人として「たてもの株式会社」(本社=東京都港区虎ノ門1-22-12)を指定した。保険法人としては6社目。保険か供託の義務化がスタートする10月1日から業務を開始する。...続きを読む

8月の長期優良住宅認定は4569戸、国交省が公表

国土交通省が15日に発表した長期優良住宅等建築計画の認定状況によると、8月の長期優良住宅の戸数は4569戸となった。このうち戸建てが4547戸、共同住宅等が22戸と、依然として戸建てが大半となっている。都道府県別では、愛知県の441戸が3ヵ月連続でトップ。次いで、神奈川県337戸...続きを読む

住宅金融支援機構、10月からフラット35の現場検査を簡略化

住宅金融支援機構は、10月1日の住宅瑕疵担保保険制度が開始されることを受けて、民間との提携住宅ローン「フラット35」の現場検査手続きを簡略化する。フラット35では、融資対象となる物件に対して、設計検査、中間検査、竣工現場検査の3つを行うが、瑕疵担保保険の現場検査か建築基準法の中間...続きを読む

10月1日に東京国際フォーラムで住月間中央イベント

国土交通省は、10月1日から31日まで開催される「住生活月間」の内容を公表した。今回は「いい家発見!」をキャッチコピーに、ポスターやパンフレットを配布し、広くPR活動を行う。今年で21回目となる中央イベントは、東京都千代田区の東京国際フォーラムで10月1日から4日までの4日間で開...続きを読む

住宅金融支援機構が住み替え支援ローン

住宅金融支援機構は、住み替えによる住宅取得資金融資「機構住みかえ支援ローン」の取り扱いを開始した。高齢者などが自宅を賃貸して、都心のマンションなどを購入する場合の資金を融資するもので、家賃収入でローンを返済する仕組み。融資の利用は、(財)高齢者住宅財団による保証を活用している一般...続きを読む

東京都、19日から新宿の都有地で太陽エネルギー利用住宅の展示場

東京都は、19日から都有地の有効活用するため、都の施策と連動した住宅展示場をオープンする。場所は、新宿区西新宿4丁目の都営角筈アパートの敷地6080平方㍍で、12棟のモデルハウスを建設し、駐車場を完備した。すべてのモデルハウスが省エネ基準をクリアし、太陽光発電装設備を搭載。そのほ...続きを読む

9月のフラット35の融資金利4ヵ月連続で低下

住宅金融支援機構は2日、民間との提携住宅ローン「フラット35」の融資金利を公表した。それによると、9月は4ヵ月連続で金利が下がり、最低融資金利は20年以下で2・490%、21年以上35年以下で2・69とともに前月より0・07%低下した。...続きを読む

民主党が予算見直し明言、既存住宅やリフォーム重視へ

政権を獲得した民主党は、予算の組み替えを明言しており、各省庁の2010年度予算の概算要求で示された政策が見直される見通しだ。民主党のマニフェストに示された住宅政策をみると、持ち家偏重を改め、高齢者や障害者、子育て世帯に対応できる賃貸市場の活性化などセーフティネットや既存住宅の活用...続きを読む

7月の住宅着工戸数が8ヵ月連続で減少、マンション過去最低に

国土交通省が発表した2009年7月の新設住宅着工戸数は、前年同月比32・1%減の6万5974戸で、8ヵ月連続して減少した。持ち家と貸家、分譲住宅のそれぞれが連続ダウンとなっており、7月の数字として過去最低となった。特に、分譲住宅ではマンションが「単月として過去最低」(建設統計室)...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)