4月からの太陽光発電余剰電力、買取価格は同額に | 住宅産業新聞

4月からの太陽光発電余剰電力、買取価格は同額に

経済産業省は、4月から適用される太陽光発電の余剰電力買取価格を決定した。価格は2009年度の買取価格と同額とする。

10年度に契約申込をした場合の買取価格は、住宅用(10kW未満)は1kW時あたり48円、非住宅用は同24円。また、太陽光発電と家庭用燃料電池などを併用するダブル発電の場合は、住宅用は39円、非住宅用は20円となる。

太陽光発電の余剰電力買取制度は、2009年11月から開始された。太陽光発電で発電された電気のうち、自家消費せずに余った電気を、これまでの2倍程度の価格で電力会社が買い取る制度。11年度の買取価格は、来年1月頃開催予定の買取制度小委員会での審議を経て決定する。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)