大建工業、床材関連組織でPEFC認証取得 | 住宅産業新聞

大建工業、床材関連組織でPEFC認証取得

大建工業は、DAIKENグループの床材関連組織(内装材事業部、直需部、海外営業部、三重ダイケン、セトウチ化工、大建工業〈寧波〉有限公司)でPEFC―CoC認証を取得(認証書番号:SGS―PEFC/COC―1051)した。一昨年に取得したFSC―CoC認証に加えて同認証を取得したことで、世界的な2大認証制度の認証が揃ったことになる。

同社は、企業活動のあらゆる場面で環境に配慮した「環境経営」を推進中。南洋材合板の代替として(1)植林木や国産針葉樹の利用(2)廃材の再資源化(製材・合板工場から排出される端材の利用)(3)持続可能な森林からの木材利用――というエコ基材基準を定めている。

フロアー台板に関しては、エコ基材比率を今年中に70%、2011年には100%を目標に転換を進めている。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)