ヤマダS×L、増収益も計画未達で業務改善や人材育成強化

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 ヤマダ・エスバイエルホームの松田佳紀社長は、大幅な増収ながらも計画値で未達に終わった2015年2月期第2四半期連結決算を受けて、業務改善に基づく下期以降の収益の回復へ取り組む方針を示した。

 内製化率の上昇によるコストダウンと、営業力強化のための人材育成を推進。特に、消費税の反動減が続く戸建注文住宅事業については、当面の受注環境改善が見込みにくいなかで、ZEH(エネルギー収支ゼロ住宅)や中高級ゾーン商品のシェアアップで棟数減をカバーする。

 さらに、ヤマダ電機の各店舗とのシナジー強化に加え、収益構造の多角化も進める。

 同社はこのほど、今年度第2四半期累計の業績見通しを下方修正した。前年同期実績に対し、売上高では15・1%増、営業損失は1億4500万円改善したが、期初計画値に対しては売上高で14億400万円、営業損失ベースでも4億9千万円下回ったためだ。

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)