省エネ住宅ポイント創設、フラット35S金利0・6%下げへ

 「フラット35S」は、一定の性能を持つ住宅に対する融資について通常の固定金利の住宅ローン「フラット35」の金利を引き下げる融資。住宅の性能によって金利引き下げ期間は5年間と10年間に分かれている。

下げ幅、現行の0・3%から「0・6%」に拡大

 現行(1月22日)の金利引き下げ幅は0・3%で、これを0・6%に拡大する。例えば、21~35年間の「フラット35S」融資で1月の最低金利が適用されたとすると、10年間(もしくは5年間)の金利が年0・87%と1%を切る水準で借りられることになる。

 0・6%引き下げが適用されるのは「開始日から」となっており、既に「フラット35S」を申し込んだ人も融資が実行される日が開始日以降であれば、0・6%金利引き下げの恩恵を受けることができる。適用期間は開始日から1年程度の予定だ。

 なお、開始日は、執筆時点(1月22日)では不明だが、国会で補正予算が決定した日以降となる予定で、確定次第、住宅金融支援機構のホームページで公表される。

ページ: 1 2
住宅情報パック2015年冬季号から記事を抜粋
お近くの住宅展示場などで無料配布しています
最新号はホームページでもご覧いただけます

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)