記事の分類: 住宅・工務店
ミサワホームなど、地域医療課題解決を主眼に浦安の拠点竣工
2018年04月05日01面_住宅産業
 ミサワホーム(東京都新宿区、磯貝匡志社長)と浦安市、浦安中央病院、京葉銀行の4者が2015年12月から進めてきた地域医療拠点整備事業「アスマチ浦安」が竣工し、3月28日に記念式典が行われた。...続きを読む
17年12月の不動産価格指数、住宅総合2・5%上昇
2018年04月05日05面_住宅産業
 毎月の不動産価格について2010年平均を100として指数化する不動産価格指数によると、17年12月の全国の住宅総合は、対前年同月比2・5%上昇の109・0となり、37ヵ月連続で前年同月を上回った。国土交通省が3月28日に公表した。...続きを読む
ECO HOUSEがドイツ建材の使用を推進
2018年04月05日03面_住宅産業
 埼玉県川口市、さいたま市、蕨市などを中心に注文住宅を手掛けているECO HOUSE(埼玉県川口市、松岡浩正社長)は、木製繊維断熱材「ECOボード」をはじめとするドイツ建材を使用する取り組みを推進。(1)長持ちする住宅性能の確保(2)省エネで安全に住めること(3)未来の環境に負荷...続きを読む
積水ハウスの県立病院、最大級の重量鉄骨構法
2018年04月05日02面_住宅産業
 積水ハウス(大阪府大阪市、仲井嘉浩社長)が設計・施工した福島県立ふたば医療センター付属病院(富岡町)が完成し、1日に開院式が行われた。2階建て、延床面積約3800平方メートルの大規模施設で、同社の重量鉄骨構造・βシステム構法で最大級の事例。自社工場生産部材による品質安定性と、施...続きを読む
富山のOSCAR(オスカー)J・J、既存戸建の買取再販本格化=『フルリノベ』し安心R制度も活用
2018年04月05日01面_住宅産業
 北陸の有力ビルダーで新築戸建事業が主力のOSCAR(オスカー)J・J(富山市二口町、水嶋智仁社長)が、既存戸建住宅の買取再販を本格的に事業化する。買い取った物件の躯体をスケルトン状態に戻したのち耐震性と断熱性を国の現行水準にまで高める性能向上リノベーションを含む『フルリノベーシ...続きを読む
三井不動産、アメリカ東部で住宅事業拡大
2018年03月29日02面_住宅産業
 三井不動産は16日、アメリカ子会社を通じてワシントンDC圏域で2つの住宅事業に参画すると発表した。これで同社は、同圏域で3つの住宅事業、約600戸の開発を手がけることになる。...続きを読む
東急不動産、ジャカルタで日本式マンション建設
 東急不動産は、インドネシアの首都・ジャカルタで日本式の分譲マンションを開発する。同社4件目のプロジェクトで、総戸数は600戸。2019年に着工し、21年の竣工・引き渡しを目指す。和室付きの間取りや高い天井、管理会社による計画的な修繕など、日本と同様の開発・運営手法を導入するとい...続きを読む
三井不動産など3社、ICT活用し安全・安心の街づくり目指す実証実験
2018年03月29日01面_住宅産業
 三井不動産など3社は、ICT(情報通信技術)を活用して、安全・安心の街づくりを目指す実証実験を行った。〝救命の連鎖〟をテーマにした日本初の試みで、カメラ・AI(人工知能)やネットワークシステム・救命アプリを連携させて、街全体で救命率向上を目指す取り組み。  今回の実験は、三井...続きを読む
エースホーム、ZEH普及で工務店支援
2018年03月29日03面_住宅産業
 住宅FCを運営するエースホーム(東京都新宿区、押谷敏樹社長)は現在、全国で加盟50店が住宅供給を行っているが、「面倒見の良い本部」という方針を前面に出しながら、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及推進のための加盟店サポートを積極的に行っている。特に注力しているのは「Z...続きを読む
プレ協住宅部会、点検技術者の資格認定制度創設
2018年03月29日02面_住宅産業
 一般社団法人プレハブ建築協会住宅部会(部会長=竹中宣雄ミサワホーム会長)は、CS品質委員会の2017年度の活動の一環で、新たに『プレハブ住宅点検技術者資格認定制度』を創設した。点検技術者の資格認定を行うことによる、定期点検のブランド化を目指す。さらに、顧客満足度向上の一環で『プ...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)