この人に聞く・鍋野友哉氏(鍋野友哉アトリエ/TMYA主宰)、CLT工法住宅普及のカギは

 2015年竣工の神奈川県藤沢市のくりばやし整骨院(ナイスが木材プレカット、銘建工業がCLTパネル生産)、16年11月竣工の桧家ホールディングス「伊奈CLT実験棟」など、これまで3棟のCLT建築物の設計と施工に携わった鍋野友哉氏(鍋野友哉アトリエ/TMYA主宰)。現在は新宿区にCLTを活用した住宅建築の案件を抱えている。CLTパネルは大きく、現場の立地に合わせて、従来以上に入念な段取りが求められる。CLT工法が住宅分野に普及するためには何が課題なのか――。鍋野氏に聞いた。

2017年01月19日03面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)