CLT、4月頃告示化へ、地元で需要喚起の取り組み | 住宅産業新聞

CLT、4月頃告示化へ、地元で需要喚起の取り組み

クロス・ラミネーティッド・ティンバー(CLT)工法の告示時期が固まった。早ければ4月頃に基準強度や一般的な設計法などの告示が出される見込みで、実行されればCLT工法のオープン化となる。当初から国土交通省は告示時期について「2016年度早期」と表現していたが、CLT業界の一部は夏頃とみていたため、文字通り年度初めの告示化の方向を関係者は好意的に受け止めている。CLTの今後の需要増に向けては、メーカーの地元で需要喚起の取り組みが出始める一方、流通サイドでは懐疑的な見方もある。1月下旬にCLTを使った宿泊施設を上棟させた地場建築事業者の取り組みと、プレカット事業者から見たCLT需要の今後に対する意見を取材した。

2016年02月25日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)