セキスイハイム45周年記念商品=雪国専用スマートハウス、屋根面積を拡張しPV10キロワット発電実現

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 積水化学工業住宅カンパニーは14日、積雪エリアでの大容量太陽光発電システム(PV)の搭載を可能にした雪国専用スマートハウス「スマートパワーステーションN(エヌ)」を発表した。セイキハイム45周年記念商品として23日から発売。積雪エリア向けに、屋根面積を拡張する1625ミリの長い庇と発電パネルを屋根全面に設置する工法を採用し、約110平方メートルの標準的な建物でも10キロワット以上の搭載によりゼロエネルギー達成が見込める。PVによる発電に加え、HEMS(家庭用エネルギー管理システム)、蓄電池を搭載し、「光熱費ゼロ」を可能にした。雪下ろしが不要なフラット屋根を採用。また、高気密・高断熱、寒冷地対応仕様の温水ヒートポンプ式床下輻射熱暖房システム「ウォームファクトリーN」を装備することで、非居室の温度差を少なくしてヒートショックのリスクを軽減する。

2016年01月21日02面_住宅産業

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)