セキスイハイム、「蓄電」住宅で実証実験、将来のエネルギー自給も視野に | 住宅産業新聞

セキスイハイム、「蓄電」住宅で実証実験、将来のエネルギー自給も視野に

積水化学工業住宅カンパニーは、蓄電池付ソーラー住宅の実証実験をスタートさせる。独自のコミュニケーション型のHEMS『スマートハイム・ナビ』と太陽光発電システム、蓄電池の組み合わせで、エネルギーの「見える化」のほか、ピークカットや将来の自給自足の手法を検証する。東京や東北など電力会社5社のエリアで、今後1年半をかけて実棟モニターでの実験を行う。

今回の実験住宅は、太陽光とHEMSを搭載したセキスイハイムの中から選定。蓄電池(5~10キロワット時)とパワーコンディショナー(出力2~3キロワット)、通信機器で構成するシステムを設置して実施する。

2011年7月14日付け1面から記事の一部を抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)