全館空調で快適な住生活に

2017年07月13日04面_住宅産業

 高気密・高断熱の住宅をベースに全館空調を実施することで健康・快適な生活を目指すシステムが注目を集めている。日本の夏は高温多湿であり、近年は各地において猛暑日が増加しているため、屋外だけではなく室内でも熱中症が発生している。そのような環境でも1台のエアコンで家全体の温度を均一にして、快適に過ごせると言われているのが全館空調。住居内の温度差によるストレスも減少することをはじめ、カビやダニなどによる健康被害の軽減、結露などによる構造材の劣化も防げるという全館空調だが、今後、住宅設備として一般的なものとなるのだろうか。

YUCACOシステムで温室のバラツキを防止=大和住建

 ヤマト住建(兵庫県神戸市、中川泰社長)は3月、群馬県太田市に全館空調システムであるYUCACO(ユカコ)システムを搭載したZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応のモデルハウスをオープンした。YUCACOシステムとは、住宅など小規模の床下空間を利用した全館空調システム。
 基本概念はエアコン1台で、高気密・高断熱な住宅に適応させる。2階建て住宅の場合、2階に空調室を設け、そこで冷やされた空気(冬場は暖められた空気)を送るため、ファンを複数台設置。それによって各部屋に空気を循環させる。空気の吹き出し口は、2階の場合は天井から、1階の場合床下から緩やかな空気の流れを作ることができる。
 ほかのシステムとの差別化について、「大前提として高気密・高断熱の建物において、必要熱量が少量で済む。いかに建物の中で空気のバラツキをなくし均一になるよう、住居内をかき混ぜてあげるかを主眼においたシステムです」(ヤマト住建企画開発部・藤林貴則次長)。

ページ: 1 2 3

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)