TOTO、新中期5ヵ年経営計画『TOTO WILL2022』で『あんしんリモデル戦略』=2018年度からスタート

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 TOTO(福岡県北九州市、喜多村円社長)は2018年度~2022年度を事業期間とする新中期5ヵ年経営計画『TOTO WILL2022』の「日本住設事業」として、18年度からリフォーム需要創造プロジェクト『あんしんリモデル戦略』を始める。「関係部署と具体的な施策を詰めているところで、来年4月の直前に様々な施策を発表できると思う」(喜多村社長)。新中計は「日本住設事業」として『リモデル』売上高の年平均伸長率をプラス2・0%、『新築』同マイナス1・7%と計画した。共にベースとなる市場全体の売上規模の伸長率について、今後実施される政府のテコ入れ策を考慮しない設定で『リモデル』はプラス1・0%、『新築』はマイナス2・3%と想定。その数値に新商品投入といった自社独自の需要喚起施策を実施することにより、『リモデル』はプラス1・0ポイント、『新築』はプラス0・6ポイントの底上げを図る計画だ。

2017年11月02日04面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)