キーワード: 建築環境・省エネルギー機構

細田工務店、東京・狛江で通風配慮の建売分譲=全棟でCASBEE最高の「S」取得へ

細田工務店(本社=東京都杉並区、阿部憲一社長)は2013年1月中旬に発売予定の建売分譲地「グローイングスクエア狛江」(東京都)の全20棟について、太陽光発電システム非搭載仕様で、一般財団法人建築環境・省エネルギー機構から『CASBEE戸建―新築』の最高ランクとなるSランク認証の...続きを読む

11年度の環境共生住宅、大和ハウスが5年連続トップ

一般財団法人建築環境・省エネルギー機構が認定する「環境共生住宅」の2011年度の建設戸数は、前年度比26・6%減の2245戸となった。企業別トップは大和ハウス工業で07年度以降5年連続。以下、積水ハウス、パナホーム、東栄住宅、ミサワホームと続く。 都道府県別でみるとトップが...続きを読む

ビルダーのエコワークスのLCCM住宅、IBECからファイブスターランクで第1号認定を取得

熊本の有力ビルダー・新産住拓のグループ会社エコワークス(本社=福岡県福岡市、小山貴史社長)が2011年5月に竣工させたライフサイクルカーボンマイナス(LCCM)住宅「ハイブリッドエコハウス」が、このほど建築環境・省エネルギー機構から、同機構が運用するLCCM住宅認定制度の最高...続きを読む

IBECのLCCM住宅の第1号、大阪ガスと積水ハウスの実験住宅で

大阪ガスが積水ハウスと共同で行っている実証実験住宅『スマートエネルギーハウス』が、(財)建築環境・省エネルギー機構(IBEC)の「ライフサイクルカーボンマイナス(LCCM)住宅」の認定第1号となった。CASBEE戸建評価認証制度での評価に基づき認定を行うもので、今回は「LCCM...続きを読む

IBEC、「CASBEE戸建―既存」をリリース=評価項目「新築」と同じに

(財)建築環境・省エネルギー機構(IBEC)は7月28日、ホームページで建築環境総合性能評価システム・CASBEEの新ツール「CASBEE戸建―既存」をリリース、ダウンロードサービスを始めた。 戸建―既存の評価項目は、2010年版CASBEE戸建―新築とほぼ同じとして、新築...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)