IBECのLCCM住宅の第1号、大阪ガスと積水ハウスの実験住宅で | 住宅産業新聞

IBECのLCCM住宅の第1号、大阪ガスと積水ハウスの実験住宅で

大阪ガスが積水ハウスと共同で行っている実証実験住宅『スマートエネルギーハウス』が、(財)建築環境・省エネルギー機構(IBEC)の「ライフサイクルカーボンマイナス(LCCM)住宅」の認定第1号となった。CASBEE戸建評価認証制度での評価に基づき認定を行うもので、今回は「LCCM住宅☆☆☆☆」を取得した。

同ハウスは、奈良県北葛城郡王寺町の積水ハウス分譲地内に建設されたものだ。環境配慮住宅『グリーンファースト』をベースにした軽量鉄骨造2階建てで、高い断熱性能と長期耐久性を備えた。燃料電池と太陽電池、蓄電池を組み合わせるとともに、HEMSで最適制御することで住宅のライフスタイル全体のCO2排出量が削減できる。

2012年2月2日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)