【トップに聞く】クリエイト礼文・大場一夫社長、ユニテハウスのブランド力を向上

2018年05月17日03面_住宅産業

 山形県内で新設着工戸数が9年連続首位を記録し、県内で約7%のシェアがあるクリエイト礼文(山形県山形市、大場一夫社長)。4月には10年後の2028年3月期をメドに経常利益を現在の10倍に相当する50億円とする長期計画を発表した。そのために、(1)自社ブランドの「ユニテハウス」に新商品を投入しブランド力をアップ(2)フランチャイズ(FC)事業の底上げをすることによる加盟100社・受注棟数5千棟を目指す(3)リフォーム事業への注力――といった3点を強化していく考えだ。今後の取り組みについて大場社長に聞いた。

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)