仙台市でブランド複数化を目指してモデル展開–北洲とクリエイト礼文 | 住宅産業新聞

仙台市でブランド複数化を目指してモデル展開–北洲とクリエイト礼文

この秋、仙台市内に新ブランドのモデルハウスが相次いでオープンした。仙台市を拠点とする北洲と山形市を基盤とするクリエイト礼文だ。両社はともにブランドの複数化によって購買層の拡大を狙っているのが特徴だ。北洲はこれまでの基本性能を維持しながらも購入しやすい価格帯に注力する一方、クリエイト礼文は土地価格の高騰に合わせてコンパクトな建物とすることで総額を抑制している。

北洲(宮城県富谷市、村上ひろみ社長)は11月1日、9月に立ち上げた2×4工法の新ブランド『USUKO(ウスコ)』のモデルハウスを宮城テレビ仙台港総合住宅展示場エコノハ(仙台市宮城野区)にオープンした。

クリエイト礼文(山形県山形市、渡辺晃会長、大場一夫社長)は10月12日、「ユニテハウス」の新シリーズ『スマートユニテ』のモデルハウスを「富沢展示場」(仙台市太白区)にオープンした。

2019年12月12日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)