三井ホーム、空調とIoT技術組み合わせ

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 三井ホームは11日、全館空調システムとIoT(あらゆるモノをネットでつなぐ)技術を組み合わせた「温湿度バリアフリーで『健康・安心・らくらく』ホームプロジェクト」が国土交通省の「サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)」に採択されたと発表した。プロジェクトの内容は、外皮性能を高めた高気密・高断熱の住宅に、ダクト式セントラル空調システムをスマートホンなどから遠隔操作する。室内の寒暖差によるヒートショックを防ぎ、室内の埃堆積を抑制して掃除回数を削減、空調や風呂設定などの遠隔操作により、家事負担の軽減や時間短縮を図る。このプロジェクトの内容に沿った、20日以降に着工する住宅に対して、1棟あたり最大300万円の補助が受けられる。補助対象は2018年3月までに着工する100棟を予定している。

2017年10月19日02面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)