三井ホーム、エアコン1台で全館空調=40坪以下の戸建て向けに | 住宅産業新聞

三井ホーム、エアコン1台で全館空調=40坪以下の戸建て向けに

三井ホーム(東京都新宿区、池田明社長)は40坪以下のコンパクトな戸建住宅を対象に、建物全体を快適な温熱環境に整える新空調システム「スマートブリーズワン」を開発し、11日に発売した。

汎用品の高効率ルームエアコン1台(自動掃除機能付き)と熱交換型換気システムを組み合わせたダクト式空調システムで、装着時の導入費用と利用時の費用の低減を図った。

空調システムの省エネ化により、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の比率拡大にもつなげたい考えだ。

2019年10月31日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)