三井ホームが2×4で5階建て特養、カナダの耐力壁構法を採用

三井ホームは9日、国内で最大の2×4工法による特別養護老人ホームの上棟現場を公開した。1階部分は鉄筋コンクリート造、2~5階が2×4工法の混構造の5階建てで、特徴は、内側の耐力壁として構造用OSBを2×6材で挟み込み、地震の横ゆれに有効な水平耐力を保持するカナダで開発された「ミッドプライウォールシステム」を国内で初採用。また、同社が2×4で建築した鎌倉の4階建て有料老人ホーム「あっとほーむ鎌倉山」でも使用された、大きな引抜力に対応する独自のタイダウン(金物)システム「ロッドマン」を全面採用した。さらに、作業負担軽減を図るために個室部分でユニットによる施工法を初採用した。今回の建物は、国土交通省の木造建築技術先導事業にも採択されており、今後の同社による大規模中高層木造建築物に応用していく考えだ。
2×4工法の特別養護老人ホーム「花畑あすか苑」(東京都足立区4―20―1)は、建築主が社会福祉法人聖風会、構造設計が日本システム設計(株)、施工が三井ホームとなっている。工法はRC造と2×4工法の混構造。2015年3月に着工し16年6月に竣工する見通し。施設は16年8月1日に開所する予定だ。

2015年12月17日付6面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)