ニッケンビルド、ラスモルタル外壁で初の壁倍率認定=富士川建材工業・日総工業・日本電気硝子と共同研究

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 ニッケンビルド(東京都江東区)は富士川建材工業(神奈川県横浜市)・日総工業(大阪府堺市)・日本電気硝子(滋賀県大津市)と共同研究を行い、このほどラスモルタル外壁として初となる耐力壁認定を取得した。取得した壁倍率は2・8で、構造用合板製の面材耐力壁2・5を上回るもので、構造用合板との組み合わせで壁倍率5・0まで実現可能。外壁側から施工できるため新築用だけでなく、既存戸建住宅の耐震改修用としての普及も図る意向だ。

2016年11月03日04面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)