ヤマダSXL、注文住宅事業の2大目標にストアロイアリティと営業力を向上 | 住宅産業新聞

ヤマダSXL、注文住宅事業の2大目標にストアロイアリティと営業力を向上

ヤマダ・エスバイエルホームは10月26日、注文住宅事業においてストアロイアリティの向上と営業力の向上の2つに取り組む方針を明らかにした。ストアロイアリティ向上を図るために、SXLのコンセプトや特徴を一般消費者に伝えるためのテレビCMの再開、ヤマダ電機チラシへの掲載、住宅展示場の整備を実施した。また、営業力の強化については、接客・打ち合わせの効率化や営業人員の採用、研修による基礎能力の向上・戦力化、経営幹部の巡店強化などを進める。利益率が高い注文住宅の受注が減少した結果、第2四半期業績は前年同期より減収、営業赤字が約2倍に拡大したが、受注残が拡大していることから2017年2月期の業績予想は、当初予定通りの売上高500億円、営業利益5億円を見込む。

2016年11月03日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)