三井ホーム、川越にモデルハウス、〝小江戸〟現代風に

 三井ホームは、総合住宅展示場の川越ハウジングステージ(埼玉県川越市)に「川越モデルハウス」をオープンした。

 自由設計の特性を生かして、〝小江戸〟と称される川越の町をモチーフにしながら、素材や色彩を現代風にアレンジしたモデルハウス。ロングセラー商品の『オークリー』をベースに、新感覚「ジャパニーズモダンインテリア」を提案した。また、照明計画全般について専業メーカーのコイズミ照明とのコラボレーションも行っている。

 川越モデルは、小屋裏のある2階建て。「川越」というエリアから(1)小江戸文化のモチーフを現代にアレンジして取り入れた川越モダンインテリア(2)川越の街なみに溶け込み、時とともに味わいを深める自然素材が醸し出す外観及びカラーデザイン(3)地域の人々とのつながりを大切にする川越という町に建つ、人を招き入れ人とつながる家──をコンセプトにした。

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)