ポラテック、2021年度以降に各プレカット拠点で能力増強を計画=兵庫に新工場建設も視野

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 プレカット市場シェアトップのポラテック(埼玉県越谷市、中内晃次郎代表)は、消費税10%増税による新築住宅着工数の減少が一段落すると同社が予想する2021年度以降、各地のプレカット拠点で加工能力の大幅な増強を予定している。滋賀工場(滋賀県甲賀市)と6月5日に本稼働させた新設の佐賀工場(佐賀県唐津市)の中間となる拠点として、兵庫県で月産加工能力1万5千坪のプレカット工場新設を視野に入れているほか、佐賀工場で同2万坪、富士工場(静岡県富士市)で同3万坪、さらに加工能力を増強したい考え。現状のプレカット市場シェア約12%を将来的に20~25%へ高め、より高いサービスを提供することに寄与させることを目的とする。直近の能力増強としては富士工場で8月に完工する無人のオートメーション・プレカット工場棟を、2018年春に本稼働(同1万坪)させる方針だ。

2017年07月20日04面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)