住宅営業現場にも働き方改革の波、業績上げつつ時短実現

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 長時間労働が許容されていた住宅営業の現場にも働き方改革の波が押し寄せている。積水ハウスや大和ハウス工業、住友林業を始めとした大手ハウスメーカー各社は、新制度の導入や仕組みの変更などで現場の意識改革を手掛け始めている。共通するのは、業績を上げつつ時間短縮を実現するもので、成果が出ている事例では業績アップと時間短縮は連動している。また、営業職、設計・工事職ともチームで顧客に対応することで、労働時間を削減しつつ顧客満足度を向上させる工夫も行っている。長時間労働に対する社会的批判が高まる中、人材確保の点でも住宅営業現場の労働時間短縮は待ったなしの状態だ。

2017年07月06日01面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)