進化する住宅企業のIT化=積水ハウス・1邸ごと情報管理、大和ハウス・PCができることをすべてiPadで

住宅メーカーのIT化は新たな段階を迎えている。すでに営業の現場においてタブレット端末を活用する動きは一般的となっているが、営業の支援に留まらず施工管理やアフターサービス、働き方にまで影響を与えるように進化している。消費増税の反動による受注環境が厳しい中で、効果的なITの活用は単に受注獲得に留まらない。

積水ハウスは、社員が所有するタブレット端末で主な業務の処理を行えるようにし、現場で最新情報を引き出すことができるようになっている。営業はもちろん、設計、工場、施工、アフターメンテナンスのいずれも現場レベルで、リアルタイムに処理することが可能。問題が起きた場合には、その場で報告をあげ、それを共有してすぐに課題解決策をフィードバックできる。

大和ハウスは、2011年秋からiPadを導入した。住宅営業マンや管理職から順次貸与を開始し、全営業マンへの導入していった。iPadの導入で、営業マンが顧客からの「想定外」の問い合わせにもその場で資料が提示でき「現場から便利になったとの声があがっている」(同社)という。また、展示場の来場時に顧客情報を取得するためにiPadによるアンケートや簡単な資金計画シミュレーションを行うほか、意外にも「営業現場では好評」(同社)だったのは、商談中に子どもが飽きないようするためのゲーム機としての活用だ。

2015年06月11日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)