国交省、自動運転の活用効果を検証、都市政策の観点で実証へ、短所も想定し

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 国土交通省都市局は8日、「都市交通における自動運転技術の活用方策に関する検討会」を開催し、自動運転の普及によって同省が推進するコンパクト・プラス・ネットワークの施策に対して多様な交通手段の確立などのメリットが考えられる一方、広範なインフラ維持が必要となるデメリットがあるとの想定を示した。同検討会は、自動運転技術は都市に多様な影響を与えると考えられるため、(1)可能性のある影響の抽出と対応(2)課題を踏まえた自動運転技術の活用――の観点で議論するもの。自動運転は政府が推進しているもので、2018年度以降も継続し、発生しうる事象の検証などを行い、実証実験、さらには社会実装につなげる計画だ。

2018年03月15日13面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)