今冬ZEHの体験宿泊実施を検討、環境省、SNS通じて普及・認知拡大目指す

[PR]住宅産業新聞デジタル版が15年2月からスタート!!お得な料金設定で

 環境省は、家庭における省エネの取り組みを普及させることを目的に、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)体験宿泊を検討している。住宅メーカーや工務店の協力を得て、既存のZEHモデルハウスなどに、著名人や住宅を新築予定の一般消費者に宿泊してもらうもので、今年度の冬の体験を目指す。体験者によるSNSを通じた情報発信やメディア露出で、ZEHの訴求を図る考え。同省では、2016年5月、大臣をチーム長とする「COOL CHOICE推進チーム」を設置し、省エネの住宅やエコカーといった分野別のワーキンググループ(WG)で、家庭での省エネを進めるため方策を議論してきた。体験宿泊は、省エネ住宅WGで打ち出され、方向性がまとめられたもの。推進チームで、COOL CHOICEマークとZEHマークとの組み合わせたロゴマークを作成することも決め、ZEHの認知拡大を促進していく。

2017年04月20日05面_住宅産業

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)