とよたエコフルタウン・LIXILパビリオン=上、緩勾配屋根沿う風で渦巻き効果生む工夫

 愛知県豊田市が取り組みを進める低炭素社会モデル地区「とよたエコフルタウン」(愛知県豊田市元城町3―11)は、トヨタ自動車やトヨタホーム、大和ハウス工業、ナイス、LIXILなどが協力し、「スマートコミュニティ」をテーマに、水素ステーションやITS(高度道路交通システム)、スマートハウスなどを展示している。最新の環境技術を一般の生活者に体験してもらい、低炭素社会への理解を深めてもらうのが狙い。

 LIXILは、中山間地のスマートハウスをコンセプトに、同施設内に2階建ての「ギャラリー棟」と平屋建ての「展示棟」の2棟のスマートハウスと、2棟の住宅を囲む外構ゾーンで構成される「LIXILパッシブファーストパビリオン」を建設した。子世帯(ギャラリー棟)と親世帯(リフォーム棟)が同一敷地内にある設定だ。

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

SNSで住まいのニュースを配信中

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)