三協立山 | 住宅産業新聞 | Page 4

キーワード: 三協立山

HEADベストセレクションを選出

建築分野の多様な専門家と若手が集う一般社団法人HEAD研究会(理事長=松永安光・近代研究所主宰)は、「HEADベストセレクション賞2014」として、YKKAPの樹脂窓「APW430」や、三協立山の高性能省エネサッシシステム「ARM―Sアタッチメントシリーズ」など10点を選出した...続きを読む

三協アルミ、高断熱樹脂窓の窓種拡充

三協立山・三協アルミ社は、業界トップクラスの断熱性能を実現した高断熱樹脂窓「スマージュ」、「トリプルスマージュ」に、片上げ下げ窓と両袖片引き窓を追加する。 窓種の拡充により、ビルダーは、設置場所や用途に応じて同一シリーズからさまざまな窓を選ぶことができる。 片上...続きを読む

三協立山、15年5月期は増収減益予想に

三協立山は2014年5月期の連結業績と15年5月期の業績予想を発表した。 前期は、消費増税による駆け込み需要などを背景に増収増益を達成。今期は、消費増税による市場の縮小や原材料の高騰などを考慮して増収減益と予想した。 山下清胤社長は業績について「(前期の)好業績...続きを読む

三協アルミ社、ハンドル一体型電気錠

三協立山・三協アルミ社は、玄関ドア電気錠(UBキーガル)とアーチハンドルを一体化した「UBアーチハンドル」を発売した。 電気錠標準仕様玄関ドア「ラフォースEO」に、同ハンドル専用のデザインを追加したほか、同社の玄関ドアシリーズ「ラフォース」、「プロセレーネ」、「防火F型...続きを読む

大手サッシ3社、高断熱樹脂窓を本格化

大手サッシメーカーが断熱性の高い樹脂窓の開発・販売を本格化させている。 YKKAPは今年1月、熱貫流率(U値・ワット/平方メートルK)で1・0を下回る世界トップクラスの断熱性能を誇る高性能トリプルガラス樹脂窓「APW430」を発表、4月1日に発売した。続いて、三協立山・三協...続きを読む

三協アルミ社、樹脂窓「スマージュシリーズ」

三協立山・三協アルミ社は、樹脂窓の新シリーズ「スマージュ」を発売した。 ダブルLow―Eクリプトンガス入りトリプルガラスを採用した「トリプルスマージュ」は熱貫流率(U値)が0・86(ワット/平方メートルK)で、業界トップクラスの断熱性能を達成した。生活者やビルダーの省エネニ...続きを読む

エクステリア展示会で大手が新商品を訴求

国内の大手エクステリアメーカー8社(エスビック、三協立山・三協アルミ社、四国化成工業、タカショー、東洋工業、マチダコーポレーション、LIXIL、YKKAPエクステリア)が主催する「第9回エクステリア・エキシビション」が、東京・有明の東京ビッグサイトで開催された。 関連67社...続きを読む

三協アルミ社=「SACLAB」始動、建築家と新しい価値の建材を開発・商品化

三協立山・三協アルミ社は、建築家と共に新しい住空間を考えるプロジェクト『SACLAB(サクラボ)』の設立を記念する展覧会と特別フォーラム「5組の建築家と考える新しい境界とエクステリアデザイン」を開催した。 同プロジェクトは、ものづくりのプロセスに今までとは異なる視点を取り込...続きを読む

山下清胤三協立山社長が就任会見、攻めに軸足移す

山下清胤三協立山社長は社長就任会見を開き、2020年を最終年度とする長期計画『VISION2020』の実現に向けた経営方針などを説明した。山下社長は「これからは攻めに軸足を移したい」と話し、重点目標として(1)改装・リフォーム事業の強化(2)非建材事業の強化(3)海外展開――を...続きを読む

三協立山=新社長に山下取締役を内定、グループの成長に軸足

三協立山は、12日に開催した取締役会で山下清胤同社取締役執行役員・三協マテリアル社社長を社長とする人事を内定した。藤木正和社長は、代表権のある会長に就く。8月27日に開催予定の定時株主総会および取締役会で正式決定する。このほか、蒲原彰三専務・執行役員三協アルミ社社長は取締役副社...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)