「施工しやすさ」でも差別化、事業者の困りごとヒアリングし改善、三協アルミ社リフォーム用玄関ドア『ノバリス』

三協立山・三協アルミ社は3月、既存のリフォーム用玄関ドア商品の7年ぶりのリニューアルとなる『ノバリス』を発売した。現在、大手住設各社は「施工期間1日の簡単リフォーム」と銘打ち、リフォーム用玄関ドアの拡販に力を注いでいる。『ノバリス』は、施工に要する期間は1日以内と従来品と同じだが、開発担当者が商品の施工に携わる事業者を訪れて施工上の困りごとについて直接ヒアリングを行って改善策を盛り込むなど、特に施工性の向上に力を入れたことが特徴だ。背景には、エンドユーザーへの訴求ポイントであるデザイン性や性能、機能といった要素は各社とも一定レベルに達しBtoCの面では大きく差別化することが難しいため、商品を実際に施工する事業者のメリットである「施工のしやすさ」というBtoBの部分でも差別化をより強め、拡販に役立てようとの狙いがある。三協立山・三協アルミ社に『ノバリス』開発の背景を取材した。

2017年05月25日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)