CEATECジャパン開催、センシング技術広がる、AI・IoT展示会で多様な新技術が一堂に

 人工知能(AI)やIoT技術の総合展示会「CEATEC JAPAN(シーテックジャパン)」が16~19日に千葉県の幕張メッセで開催され、情報を集約して新たなサービスや商品につなげる技術を各社がアピールした。あらゆるものをインターネットにつなぐIoT技術だけでなく、情報を集める技術開発が進む。今回、目立ったものの一つが、センシング技術の広がりだ。人感センサー、温湿度センサー、振動センサーのほか、磁気センサーや圧力センサーなど多様なものを感知する。さらに液体金属を利用し、人の体のように複雑な形状・動きに対応するための高変形センサーなどの開発が進む。そして、センサーから吸い上げられた情報をインターネットで集約、データ解析する。これらの技術により住宅関連でも新たなサービス・商品が生まれているようだ。


2018年10月25日付5面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

 関連するキーワードはありません。

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)