都市型住宅と木造住宅にみる新築の可能性 | 住宅産業新聞 | Page 4

都市型住宅と木造住宅にみる新築の可能性

新築時に長期視点で

さらに、引渡後、数十年にわたって顧客と関係を継続し、築20年程度経つと相続や売却、建て替え、住み替え、リフォームなどといった顧客のライフイベントの変化に伴う需要が出てくる。そのため、同社では新築のプランを示す際には、顧客の20年後、30年後の状況を踏まえたものを提示している。

それを可能にしているのがグループ企業を始めとした組織力だ。だが一方で、競合する中小工務店は、地域情報をいち早くつかむ機動力があり、それを生かすことで対抗されるのではとの見方を示す。

ただ、同社は木造住宅を巡る世の中の流れが厳しくなるほど、総合力が生かせ「(シェアを)伸ばすチャンス」(同)と捉える。

2016年01月01日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)