大手住宅メーカーが注力するZEH、入居者の高い満足度がZEH普及のカギ

大手ハウスメーカーが注力するZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)。国は2020年までに新築住宅の過半数をZEHにする目標を掲げており、それを実現するためにZEH補助制度を用意している。

住宅展示場では出展する各社がZEHをアピールし、補助制度は新築住宅の有力な訴求手段となっている。こうした中で、ZEHを選んだユーザーは、どのような経緯でZEHを選んだのか、ZEHに満足しているのか、具体的な例をミサワホームに聞いた。

また、現状でも高いZEH採用率を達成している積水ハウスは、住まいの快適性を追求した先にあるのがZEHだという。

2016年07月14日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)