【ユーザー版18年秋】ZEHで「健康・安全・快適」な住まいを

一生に一度の買い物である戸建住宅。せっかく購入するのであれば、「健康・安全・快適」な住宅に住みたいと思う人は多いことだろう。

そんなことを考えている人にお勧めなのがZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)だ。

ZEHとは、「省エネルギー」と「再生可能なエネルギー」を導入することで、一次エネルギー(自然から採取されたままの物質を源としたエネルギーで、石炭・石油・天然ガス・水力など)の年間消費量をゼロにすることを目指す住宅のこと。 自分たちの使用するエネルギーを減らしながら、エネルギーの自給を目指す住宅をいう。
zeh

ヒートショックを軽減

ZEHの特徴の1つとしては、住宅の断熱性能が高いことが挙げられる。

住宅の壁・床・天井などに熱を逃がさない断熱材を利用し、高い断熱性・気密性を兼ね備えている家であることから、〝冬は暖かく、夏は涼しい〟という快適な環境にしていくのだ。

日本の気候風土は、「夏は高温多湿、冬は低温乾燥」といわれており、特に今年の夏の暑さは異常ともいえる状況であったことは記憶に新しい。そういった状況においてZEHは、室内外の温度差はもちろん、住居内においても温度差を少なくするため、季節を問わずに快適に過ごせるのがポイントだ。

また、これからの冬場は浴室内やトイレなど、暖かいところから寒い場所に移動した際に発生するヒートショック現象(急激な温度差による血圧の上昇や脈拍の変動など)が問題になっており、そういったリスクも低減できる。

住居内の温度が均一化されることによって、住居内の設計度も上げることが可能になる。例えば、吹き抜けを設けるなど、自分好みの間取りの選択にもつながっていく。

また、窓に熱を伝えにくい樹脂素材などを使用すれば、結露もできにくく、アレルギーの原因にもなるダニやカビ対策にもつながる。 結露は人間の健康だけではなく、住宅の内部にも大きな影響を及ぼすことで知られている。

目には見えないところで発生する壁内部での結露は、断熱材をダメにしたり、建材を腐らせる原因となり、住宅性能を低下させる。それを予防することは、住宅の寿命を延ばすことにもつながるのだ。

ユーザー版2018年秋季号から記事を抜粋
お近くの住宅展示場などで無料配布しています
最新号はホームページでもご覧いただけます
住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

特集はこちら

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)