大手住宅が中高級層向け商品一斉に、受注単価アップ狙い

2017年05月18日01面_住宅産業新聞

 住宅業界にとって年度前半の最大の商戦はゴールデンウィークでの集客だ。「5月から8月の大半の契約がここでの集客で決まる」(関口俊一積水化学工業住宅カンパニープレジデント)ということもあり、ハウスメーカーは4月に新商品を相次いで投入した。直近の各社新商品の特徴は、大開口・大空間、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)標準化、中高級層向けに集約される。高い利益率と受注単価アップを求めて、大手各社がつばぜり合いを行う、マーケティングで言うところの「レッド・オーシャン」だ。一方で、「レッド・オーシャン」を横目に、大手にとって未開拓の「ブルー・オーシャン」に進む動きもある。直近の商品投入状況から、ハウスメーカー各社の商品戦略を探る。


2017年05月18日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

全国の住宅関連ニュース(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)