【ユーザー版18年夏】エアコンは連続運転が省エネ? 意外と知らない省エネ行動

省エネ行動してますか?

 東日本大震災で加速した感のある「省エネルギー」。主にエネルギーの無駄をなくすという目的で、その多くは「こまめに電源を切る」といった内容となっている。

 しかし、こうした手段が本当に役立っているのか、正しく認識している人は稀。厳しい見方をすれば、省エネを〝行っている〟気になっているだけという指摘もある。

 例えば、エアコンは起動時の方が安定して運転している時よりも電力を消費するのは意外に知られていない。だから、短い時間だけ外出する(コンビニでの買い物など)際には、連続運転の方が消費電力が少ないケースもある。

 電力中央研究所のレポートによると、連続運転の消費電力は室温安定後はほぼ100ワットで推移するのに対し、間欠運転の場合には運転再開時に一時的に500ワット程度まで伸びた。

 170分間の積算電力量の比較では、間欠運転100に対し連続運転は72にとどまり、約3割の省エネとなった。

ページ: 1 2
住宅情報パック2018年夏季号から記事を抜粋
お近くの住宅展示場などで無料配布しています
最新号はホームページでもご覧いただけます
住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

 関連するキーワードはありません。

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)