建材トップランナー制度で断熱材の性能向上

トップランナー制度とは、自動車や家電などの製造事業者に対して、3~10年程度先に設定した目標年度において、省エネルギーに関連する目標基準値を満たすことを定める制度で、エアコンや照明器具、電気便座など28機器が対象となっている。

同制度によって、エアコンは消費電力量を約3割減少(01年度から11年度の10年間)、自動車は約49%燃費が改善(1995年度から2010年度の15年間)された。

これまでの対象機器は、自らエネルギーを消費する機械器具が対象だったが、13年5月の省エネ法改正に伴い、建築材料のように自らがエネルギーを消費しない製品もトップランナー制度の適用対象となった。

経済産業省は住宅の断熱性を向上させるため、まずは「断熱材」と「窓」にトップランナー制度を導入、対象建材の選定や22年度に向けた目標基準値などを設定した。

2014年06月19日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

こんな記事も読まれています

特集はこちら

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)