【ユーザー版18年夏】寝苦しさ解消には「湿度」も重要

12042420

 夏の夜、エアコンを使っていても「暑さで寝苦しい」と感じる人が6割超――。

 空調機器メーカーのダイキン工業が実施した「『夏の寝室でのエアコンの使い方』に関する意識調査2017」の結果。55%の夫婦が温度設定で揉めた経験もあるなど、「よりよいエアコンの使い方ができていない可能性もある」(同社)とした。

 その上で、奈良女子大学の久保博子教授は「快適と感じる温度は個人差が大きく、温度だけでなく湿度も重要」と助言する。

 夏場の睡眠に関して、エアコンを使用しても『暑くてなかなか寝付けないことがある』との問に対し「ある」が17・1%、「時々ある」45・9%。また、『暑くて夜中に起きてしまうことがある』ことも「ある」14・2%、「時々ある」47・0%と合わせ、それぞれ6割を超える人が経験していた。

ページ: 1 2 3
住宅情報パック2018年夏季号から記事を抜粋
お近くの住宅展示場などで無料配布しています
最新号はホームページでもご覧いただけます
住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

関連するキーワード

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)